忍者ブログ
言葉を音に!音を言葉に! 強い濁流で壊れてしまったピアノの中・・・ 俺が俺のままで俺の言葉を音に!
2017/12月

≪11月  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01月≫
[1923]  [1922]  [1921]  [1920]  [1919]  [1918]  [1917]  [1916]  [1915]  [1914]  [1913
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

風呂から上がり携帯を見ると着信あり☆
宮城県登米市のマサさんからだ☆
すぐにかけ直すと心配してくれてたんかな☆状況を知らせると切れた(笑)

さて…凄まじく上品なお洒落なうちの同じくお洒落なリビングに行くと。
おっちゃんが本当に嬉しそうに俺を招き、席に座らせる。
すぐに奥さんが料理を並べ、お酒を交え、再会の宴が始まった。

旅の話を聞きたい。

それが本当に沸々と感じる期待だったからそんな事を中心に話した。
毎回そうだけど、決まり文句も何もない100%アドリブだ(笑)

爆笑と感心と期待や理想。

色々なもんが千田のおっちゃんから飛び出し、
奥さんも交えすげー楽しい場になった。

「来てくれて良かった。」
「素晴らしい経験だ。」
「私も学ぶものが沢山だ。」

元高校教師なのに年下もかなり下の
反抗期には敵対するような位置にいた俺にそこまで感激し
素直な言葉を告げられる潔いまでの柔軟性。素晴らしいですよ。

ライブをやらせて欲しいと話すと「聞けるの?」と奥さんは喜ぶし
「隣さんも呼んで来よう!勿体無い!」とワイワイになるおっちゃん☆

隣の家の夫婦さんもやって来てこれまた賑やかになり自己紹介やらなんやら
理解に時間かかるのは仕方ないんです(笑)
なんだかんだそっからも飲み続けて、だいぶ経ってのライブ。

ライブも勿論しゃべりも歌う歌も場に合わせたアドリブ。
つまり千田家に来て、二組の夫婦さんに出会ったからこそ
歌う歌。しゃべる事。

だから本当に同じライブなんか出来ないし、千田家でのライブも
凄く感慨深い良い場になった☆

泣いてくれた奥さん2人。
凄い!素晴らしい!連呼するおっちゃん2人。

年齢も性別も勿論問わない俺の歌がまた響いた証拠だった。
「聞きたい。本当にいつまでも聞いていたい。」
その言葉がめちゃくちゃありがたく歌いまくったよ。
ライブも話も元高校教師らしい分析やハッキリした言葉で答えてくれる。
本当に楽しませていただきました。

隣の夫婦さんは帰り際に
「また来たら絶対に連絡して下さい」
と俺との再会を願い、千田夫婦さんは
「必ずだよ。必ず来てね。」
とこの奇跡を喜び感無量の様子だった。

いつもは寝てる時間らしいのに夜中も夜中、かなり遅くまで話は続く
尽きる事の無い話題はこの出逢いがお互いに意味のあるもんだったのを
証明してくれたのでした☆



PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人だけにコメントする。)
無題
なんか、すっごい洋館だね~。
お皿も素敵!お料理もおしゃれだ~!
注意:山で、巨大漁の丸焼きを野性的に食べたの忘れないように!
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
プロフィール
HN:
YOSHIAKI YAMADA
年齢:
34
性別:
男性
誕生日:
1983/09/01
職業:
シンガーソングライター、冒険家、俳優
趣味:
新しい居場所探し、冒険、掃除、映画鑑賞、音楽鑑賞、酒
自己紹介:
「自分の為に人の為」

その言葉を2009年の
弾き語りしながら無一文での人生をかけた
日本一周の旅の終点で心の中に見つけ、
その真意を人に伝えています。

歌で、それこそトークで、
笑いと涙をお届けしながら活動中☆

時に講演、時にダンサー、時にボイストレーナー
時にシンガーソングライター・・・
その実態は・・・(笑)

HPにてブログほぼ毎日更新中!
更にはオリジナルの楽曲が
無料で聴けます☆

中国に伝わる神、蛟竜は・・・
雲雨を得ると無敵の力を発揮するという。
ならば雲雨を得られぬ時はどうしているのだろうか?
きっと、その手を伸ばしているのではなかろうか。
現状から脱する為にその手を伸ばしているだろう。

蛟竜が無敵の力を得る為に足掻くように
僕等も足掻いているのかも知れないよ?
未だ見ぬ安らぎ、夢、希望を求めて・・・。
フリーエリア
最新トラックバック
アクセス解析
お天気情報
バーコード

Copyright © 蛟竜、其の手を伸ばす All Rights Reserved.
Material & Template by Inori
忍者ブログ [PR]