忍者ブログ
言葉を音に!音を言葉に! 強い濁流で壊れてしまったピアノの中・・・ 俺が俺のままで俺の言葉を音に!
2017/10月

≪09月  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11月≫
[1082]  [1081]  [1080]  [1079]  [1078]  [1077]  [1076]  [1075]  [1074]  [1073]  [1072
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

おっちゃんの車、忘れてないよ☆
もうおっちゃんが降りてくるの待てずに歩いていったね(^^)
久しぶりの再会をもう遠くの時点で喜び合った☆

あれから何があったかお互いに話しながら走り出したんだ。

「山田君が見たいって言ってたホタル見に行こうか。」

おっちゃんの一言に飛び付き騒ぎまくったよ。
って言うのも生まれてから一度もホタルを見た事ないんだわ。
テレビや映画でしか見れないホタルを見れる!
この旅で見たかったもんのひとつなんだよ☆ホント☆
想い…通じるか…。

雨が激しく打ちつけた佐賀の平野…
小城の地にその川があり…すげぇ雰囲気を出してた。
ただ…寒い…ホタルが出るには蒸し暑いぐらいが
良いらしいからかなり不安だったよ。
でも「ついてるついてる」出逢いから得た
魔法の言葉を繰り返し諦めない俺。
一時間半ぐらい待ったかな…。

ぼんやりと…でも確かな光がフワフワと舞いだした。
弱いけど暗くはなく、強くない光…淡い黄緑に近い色。
人を恐れず川にも道にも…。

幻想的。叫びまくってた。
「おっちゃんありがとう!すげぇ~っ!」って。
泣きながら何度も感謝しちゃうぐらいすげぇ光景だったよ。
これからもっと飛ぶからって長崎の帰りに寄ることを
地元のボランティアさんにも約束して立ち去った。

そしておっちゃんの家、
もう1人会いたかった愛犬のアキ君☆
車が着いて降りた途端よ。
「あ、アキだ!」俺の顔を見てこの中で暴れてる。

「やっぱり覚えてるんだね。」
人に絶対吠えないアキ君が吠えて暴れるのは
仲良しな知り合いが来たときだけなんだってさ☆
嬉しいなぁ☆(T_T)アキィ(T_T)

そして再会を喜び二人で飲みながら夕飯をいただきました。

明日は…佐賀の有名な干潟連れてってあげるから☆

なんて…優しいんだろう…本当にありがとう。
不思議な縁だね~ってお互いにこの旅の不思議さを
実感しながら不眠の2日間が終わろうとしている。

明日はどうなるかな…。


って今日じゃん(笑)気が付いたら死んでました(笑)
疲れてたんだね俺( ̄∀ ̄)



PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人だけにコメントする。)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
YOSHIAKI YAMADA
年齢:
34
性別:
男性
誕生日:
1983/09/01
職業:
シンガーソングライター、冒険家、俳優
趣味:
新しい居場所探し、冒険、掃除、映画鑑賞、音楽鑑賞、酒
自己紹介:
「自分の為に人の為」

その言葉を2009年の
弾き語りしながら無一文での人生をかけた
日本一周の旅の終点で心の中に見つけ、
その真意を人に伝えています。

歌で、それこそトークで、
笑いと涙をお届けしながら活動中☆

時に講演、時にダンサー、時にボイストレーナー
時にシンガーソングライター・・・
その実態は・・・(笑)

HPにてブログほぼ毎日更新中!
更にはオリジナルの楽曲が
無料で聴けます☆

中国に伝わる神、蛟竜は・・・
雲雨を得ると無敵の力を発揮するという。
ならば雲雨を得られぬ時はどうしているのだろうか?
きっと、その手を伸ばしているのではなかろうか。
現状から脱する為にその手を伸ばしているだろう。

蛟竜が無敵の力を得る為に足掻くように
僕等も足掻いているのかも知れないよ?
未だ見ぬ安らぎ、夢、希望を求めて・・・。
フリーエリア
最新トラックバック
アクセス解析
お天気情報
バーコード

Copyright © 蛟竜、其の手を伸ばす All Rights Reserved.
Material & Template by Inori
忍者ブログ [PR]