忍者ブログ
言葉を音に!音を言葉に! 強い濁流で壊れてしまったピアノの中・・・ 俺が俺のままで俺の言葉を音に!
2017/09月

≪08月  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  10月≫
[1852]  [1851]  [1850]  [1849]  [1848]  [1847]  [1846]  [1842]  [1841]  [1840]  [1839
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

強烈な山道…4キロ。
やっぱり奥さんにはきつかったみたいだ。
ってか普通に暮らしてる人にはしんどいわな。
自然と距離は開き、声を掛け合いながらもいつしか声は届かなく。

すれ違う人からは「この先まだまだ長いですよ。」とか
「今行くの無謀ですよ。だから引き返しました。」とか
素晴らしくやる気が失せるナイスなアドバイスもあり
負けん気で突っ走ったよ。マジ文字通り走った。
崖と山に囲まれた強烈な山道をおよそ2キロ☆
そして誰もいない山道を抜け平らな海岸線に出て広がった景色。

真っ白なととがさき灯台。
ゴツゴツした磯に置かれた最東端の石碑。
誰もいない大地と広がる海から感じる自分というもの。

全てが俺に染み入った。叫ばずにはいられなかった。
力の限り叫んだ。誰もいない、いや誰を受け入れるでもなく
誰をも受け入れる海に叫んだ。

しばらく二人を待っても来ないから迫り来る夜に慌てて山に再び入った。
途中二人に会って、余りに凄いスピードで来る闇に逃げて
三人で下った。

闇闇闇…自分と言う人間ひとりではあまりに抱えきれない無限の闇…。
でも後ろからついて来てくれる誰かがいて
阿呆なことをしゃべりながらでも孤独でない事を実感する。

巨大な闇でさえもただの闇になるんだ。バケモノではなく闇。

切り裂けるただの闇に。


灯りが見え、安堵する三人。
人間とはそんなもんだ。

さて…それから…?



PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人だけにコメントする。)
突端行ったんよかったん?
これで日本中全ての突端 行ったことになるんかの
よかったのう
けど この突端行けたのヨッシーひとりみたいじゃが
直前までの計画では3人のはずじゃった
ひとりで行くなら 明日でもよかったんじゃないか?

とりあえず きょうの突端計画は失敗といわざるをえない
奥さんにはムリと思った時点で引き返すべきじゃった
地をよく知る人が無謀と止めるのを振り切って行ってはイカンよ
クマも出るというのに

来月 夫婦になろうかというふたりだ
体力があって腕っぷしの強いオマエはふたりを護ってやるべきじゃった
たとえ ふたりが「先に行って」と言ってもだ

計画は慎重に 地を知る人の意見を入れて
複数の場合は一番弱い人に合わせてナ

結果 みんな無事じゃったけど若夫婦になにかあったら旅どころではないぞ


歳とったらナ
こういうこと考えてしまうんじゃ
ハハハハ
オモピス 2009/10/11(Sun)03:19:19 編集
そぉよぉ~
暗い山道と秋の熊を舐めてはいかんよ
無理な突撃は避けた方が良いし、人数は多い方が良い。

今回はオモピスさんの言うとおりよぉ~
みんな無事で良かったね~
ふーちゃんママ 2009/10/11(Sun)11:13:17 編集
オモピスさん
失敗なんかじゃないです。
三人で行きたいは勿論だし、それは最初から最後まで変わらなかったんです。
今日までしか一緒にいれない。入り口に来て止められた時にここまで来て行かないなんて…と三人で話して意を決して入ったんです。
目的は突端に行くのともうひとつ。証明書。
三人共、証明書がもらえる時間に行かなきゃいけないと思って慌ててました。
でも目に見えて暗くなる…今日しかない。せめて証明書だけでも…それで走りました。旦那さんは必ず奥さんのとこに行くし、ダッシュでいって三人分の証明書だけでも買おうと…土産物屋は大体17時までだと…

結果無かった。誰もいないし、観光地として土産物屋もなかった。

だから凹んで意味がなかったと言うべきか…俺にも二人にも意味はありました。確実に。
灯台から二人の名前を呼び、暗くなる中、これ以上は危ないと…二人を止めに戻った。

実際逢うとまた三人で行きたい衝動にも駆られたけどそれは言わなかった。危ないから。

先頭になり二人を励ましながら励まされ下山。
たしかに無茶でした。でも仕方なかった。やりたかったから。
三人でリベンジは誓いました。

失敗じゃないです。そん時のベストです。
ひとり自己満で良かったって話じゃないです。無謀を責められるのは仕方ないと思います。
YOSHIAKI YAMADA 2009/10/11(Sun)11:54:27 編集
ふーちゃんママさん
ごめんなさい。無謀でした。でも必至でした。心配ありがとうございます(T_T)
YOSHIAKI YAMADA 2009/10/11(Sun)11:55:57 編集
最東端ですから
日が落ちるの早いのよね

何はともあれ、到達オメデトでした

最近のクマは人慣れしちゃってるから、出来るだけ人間の家に泊まってね~
人家の無いとこでカップラなんか食べたら、夜中に訪問されちゃうからね

大丈夫と言われても、年寄りは心配するものなのですよ…
ふーちゃんママ 2009/10/11(Sun)16:42:12 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
YOSHIAKI YAMADA
年齢:
34
性別:
男性
誕生日:
1983/09/01
職業:
シンガーソングライター、冒険家、俳優
趣味:
新しい居場所探し、冒険、掃除、映画鑑賞、音楽鑑賞、酒
自己紹介:
「自分の為に人の為」

その言葉を2009年の
弾き語りしながら無一文での人生をかけた
日本一周の旅の終点で心の中に見つけ、
その真意を人に伝えています。

歌で、それこそトークで、
笑いと涙をお届けしながら活動中☆

時に講演、時にダンサー、時にボイストレーナー
時にシンガーソングライター・・・
その実態は・・・(笑)

HPにてブログほぼ毎日更新中!
更にはオリジナルの楽曲が
無料で聴けます☆

中国に伝わる神、蛟竜は・・・
雲雨を得ると無敵の力を発揮するという。
ならば雲雨を得られぬ時はどうしているのだろうか?
きっと、その手を伸ばしているのではなかろうか。
現状から脱する為にその手を伸ばしているだろう。

蛟竜が無敵の力を得る為に足掻くように
僕等も足掻いているのかも知れないよ?
未だ見ぬ安らぎ、夢、希望を求めて・・・。
フリーエリア
最新トラックバック
アクセス解析
お天気情報
バーコード

Copyright © 蛟竜、其の手を伸ばす All Rights Reserved.
Material & Template by Inori
忍者ブログ [PR]