忍者ブログ
言葉を音に!音を言葉に! 強い濁流で壊れてしまったピアノの中・・・ 俺が俺のままで俺の言葉を音に!
2017/10月

≪09月  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11月≫
[1377]  [1376]  [1375]  [1374]  [1373]  [1372]  [1371]  [1370]  [1369]  [1368]  [1367
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

予定にはない東京を通る事になり…かなり複雑であり…
初日や大阪での人の目や街の冷たさが思い出され
抵抗がないかと言えば嘘になる。

とにかくヒッチハイク☆ヒッチハイク☆

待てど暮らせど停まってくれそうな気配がない…。
途中で話しかけてくれた人がいて和んだけど…やっぱり暑さに勝てず…
移動してみようか…と荷物を持ち歩き出したら
対向車線から来た車が俺の前に停まってくれたんだ。
こうして出会った竹原のおっちゃん。

「何で栃木県目指してんのにあの道路(20号)なの!?」

俺の最終目的地を聞いて驚いてた(笑)俺は流れて来ただけなんで…(笑)

すると偶然にも千葉県の市原に行くと言うおっちゃん☆
俺を栃木に行きやすいようにって
東京の日本橋(日本の中心)に連れて行ってあげるって言ってくれたんだ☆
日本の道路はここから伸びてるんだって言う中心地。
残り半分を走り出すにはかなり良いとこだろ?って☆ホントだ!

この出逢いのキッカケの話になって…また何だか不思議なんだ。
最初は大学生かなんかの思い出作りかと思ってて。
でも通り過ぎたのに妙に後ろ髪惹かれて戻ってきたんだって☆

そーゆーのめちゃくちゃ多いんだよねホント。
俺だからだとか。俺が光ってたとか。ありがたい何かの力かなぁ。

ロングドライブ中、ホント沢山話したよ。

竹原のおっちゃんの色んな深い部分…根掘り葉掘りね。
俺も流れで沢山話した。

初対面に何故ここまで心を開いてくれるんだろう…。
今まで出会った人の中でもホント沢山の人そうだからさ…。

そんな風に思いながらそれを有り難く思ってたらおっちゃんが、
実は言うか言わないか悩んでたんだけど…と話を切り出してきた。

自分は臨死体験をし、それから霊感が強くなったって話をした後…
お兄ちゃんを乗せた時に鳥肌がブワァって立ったんだよね。
なんか話してて仏様みたいだよね…落ち着くと言うか…。

いやいや…そんな偉大な人間じゃないですから。
と言う俺に…
だから別れにみんな「ありがとう」なんじゃない?
と言ってきた…。自覚はない事だけど…ホント…黙っちゃった。

仏様や神がかった何かではないと思うけど
何かすげぇ事が俺に起こってる気はするんよね。
だからそれで黙っちゃった。怖い話だけど嬉しかったのもあるし。
竹原のおっちゃんに認められたから☆

そうこうしてるうちに都内に入り…
初日に30キロ近く歩いた甲州街道を通った。全部覚えてるよ☆
声をかけてくれたボクシングジム。
コロコロが壊れて入っていったホームセンター。
そのホームセンターを教えてくれた人に出会ったマンション。

全部覚えてる。すげぇ騒いだ(笑)

そして…怖がっていた都心…。
冷たい街だと言っていたビル群…。
無論そう言う人を育てる街…。

今の俺には不思議…普通に映った。変わらない街なのに。
怖くないし、冷たいとも感じない。
勿論、田舎に比べたら人は多いし、みんな急いでるし窮屈だけど…

俺は今の俺のまま見てた。リズムもスタイルも関係なしに
今のままで俺のままで。

すげぇ言葉にしづらいんだけど…ホント不思議でさ…
竹原のおっちゃんにずっと話してた。不思議だぁ不思議だぁって☆

他人は自分を映す鏡だ。
だとするなら都内で3ヶ月前に俺が見てたのは俺だったんじゃないかな。
そんな複雑さを抱いたりしてた。
とにかく半周ですげぇ意味があったんだ。

おっちゃんと喜び合いながら気が付けば日本橋…
でも「これは運命だ」「何かの縁だね」って言ってくれて進み…
埼玉県の春日部市まで来てもらいました。
途中でコンビニに寄った際にお弁当まで買ってくれて…
おっちゃんはやっぱり
「ありがとう」と言ってくれた。俺は変わらぬ対応だけど
ホントに謙遜じゃなく本気で「いやいやいや俺がありがとう」と伝える。
それしか出来ないのが歯がゆい…それしか…ホント。

お兄ちゃんはお兄ちゃんが思うようにやったらいい。

沢山の人にそう言われる。占い師にはそう言われた後に
それで絶対成功すると言われる。
竹原のおっちゃんにも言われた。
不思議だけど不思議と言うだけじゃホント足りないね。

俺が憧れる程幸せそうな竹原のおっちゃん☆
辛さだけを見ずに幸せを感じてる心が素晴らしいし、
親父として旦那としての姿勢がすげぇ尊敬でした。
そーゆー男になりたいです。ホントに。

逢えて良かった。勉強になったし、暖かくて優しくて寂しくなったもん。
逢えて良かったホントに。
ありがとうございました。

たどり着いた埼玉県春日部市…実は千葉の柏から
22キロ程度しか離れてないのね。
って事は実家から…20キロ以下。すげぇや…なんかマジすげぇ。

別れから…歩き出す。約2キロ北へ…道の駅があるらしい。



PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人だけにコメントする。)
無題
山田さんはいつもいろんな事を考えてて・・・。
もっと会ってみたいなぁと思いました
僕はいろんな事考えて迷ってて・・・。間違ってる事ばっかりなので、山田さんの話聞いたら何かヒントになりそうかなぁ~なんて(笑)
頑張って下さい
namenn 2009/07/16(Thu)22:18:28 編集
神がかり…
竹原さんによって、再確認?実証?的な感じがアタシもしてる('ー'*)


やっぱりヨッシーは導かれて(勿論ヨッシー自身の努力であり力なんだけど)いるんだよ(*^▽^*)
Ree 2009/07/16(Thu)23:42:44 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
YOSHIAKI YAMADA
年齢:
34
性別:
男性
誕生日:
1983/09/01
職業:
シンガーソングライター、冒険家、俳優
趣味:
新しい居場所探し、冒険、掃除、映画鑑賞、音楽鑑賞、酒
自己紹介:
「自分の為に人の為」

その言葉を2009年の
弾き語りしながら無一文での人生をかけた
日本一周の旅の終点で心の中に見つけ、
その真意を人に伝えています。

歌で、それこそトークで、
笑いと涙をお届けしながら活動中☆

時に講演、時にダンサー、時にボイストレーナー
時にシンガーソングライター・・・
その実態は・・・(笑)

HPにてブログほぼ毎日更新中!
更にはオリジナルの楽曲が
無料で聴けます☆

中国に伝わる神、蛟竜は・・・
雲雨を得ると無敵の力を発揮するという。
ならば雲雨を得られぬ時はどうしているのだろうか?
きっと、その手を伸ばしているのではなかろうか。
現状から脱する為にその手を伸ばしているだろう。

蛟竜が無敵の力を得る為に足掻くように
僕等も足掻いているのかも知れないよ?
未だ見ぬ安らぎ、夢、希望を求めて・・・。
フリーエリア
最新トラックバック
アクセス解析
お天気情報
バーコード

Copyright © 蛟竜、其の手を伸ばす All Rights Reserved.
Material & Template by Inori
忍者ブログ [PR]