忍者ブログ
言葉を音に!音を言葉に! 強い濁流で壊れてしまったピアノの中・・・ 俺が俺のままで俺の言葉を音に!
2017/08月

≪07月  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  09月≫
[1148]  [1147]  [1146]  [1145]  [1144]  [1143]  [1142]  [1141]  [1140]  [1139]  [1138
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

荷物を玄関に置き…家を見回す。
まるで自分の家のようにわかるのがまた悲しかった。
荷物をいつもの軽トラに積むとおばちゃんが運転席へ☆
おっちゃんと笑顔でさようならしたよ。
自分の親父みたいに暖かくて力強い手。忘れません。
行ってきますね☆

いつもみたいに普通の話をしながらいつもみたいに
別れが来ないような、同じ場所に帰るようなドライブ。
ぬるめの源泉かけ流しの湯本温泉でも
山口県萩市の松陰神社では実の母子に間違えられたね(笑)
吉田松陰が幕末の時代を駆け抜ける大人物を
数多く輩出した松下村塾。
彼の生き様は確実に今の世の中に必要な事かもしれん。

とかそんなことを感じながらおばちゃんと松陰神社を歩いた。

久しぶりに来たら色々な発見があったらしく
すげぇ喜んでたおばちゃん☆俺も嬉しかったよ。

道の駅の場所を聞いてみようとちょんちょんちょーんと
ボランティアの案内の人に聞きに行き…
そこで吉田松陰詳しい歴史を話してもらったりした☆
肝心の道の駅を聞くのは後回しで(笑)

話は自然と俺の旅に移行し…ボランティアの人が
めちゃ興味を持ってくれ始めた☆
道の駅を聞くと…
ボランティアのうちのひとりのおっちゃんが
「乗せて行くよ」って言ってくれた☆
おばちゃんも嬉しそうに「行きな」って言ってくれ…
複雑な俺を余所に…別れは呆気なくやってきた。

おっちゃんの車に荷物を積み、
萩市のすぐ近くの道の駅「しーまーと」までと
言ってくれたおっちゃんに感謝を伝えた☆
おばちゃんと握手して目を見て何度も何度も手を振り
何度も何度もありがとう。

「良い人に逢えたね」っておっちゃんの言葉が
本当に身に沁みたよ。会えて良かった☆
また山口県に来る時は下関市の「まどや」訪ねますからね☆
どうか元気で☆って言うまでもなく元気そうだけど(笑)
笑顔で再会出来る事を願ってます☆

遠い地で出来た沢山の家族。
みんななんだかんだ幸せそうで…みんな羨ましい。



PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人だけにコメントする。)
感動
びぇ~ん(ノ_・。)
泣いてもた
jump 2009/06/06(Sat)19:59:52 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
YOSHIAKI YAMADA
年齢:
33
性別:
男性
誕生日:
1983/09/01
職業:
シンガーソングライター、冒険家、俳優
趣味:
新しい居場所探し、冒険、掃除、映画鑑賞、音楽鑑賞、酒
自己紹介:
「自分の為に人の為」

その言葉を2009年の
弾き語りしながら無一文での人生をかけた
日本一周の旅の終点で心の中に見つけ、
その真意を人に伝えています。

歌で、それこそトークで、
笑いと涙をお届けしながら活動中☆

時に講演、時にダンサー、時にボイストレーナー
時にシンガーソングライター・・・
その実態は・・・(笑)

HPにてブログほぼ毎日更新中!
更にはオリジナルの楽曲が
無料で聴けます☆

中国に伝わる神、蛟竜は・・・
雲雨を得ると無敵の力を発揮するという。
ならば雲雨を得られぬ時はどうしているのだろうか?
きっと、その手を伸ばしているのではなかろうか。
現状から脱する為にその手を伸ばしているだろう。

蛟竜が無敵の力を得る為に足掻くように
僕等も足掻いているのかも知れないよ?
未だ見ぬ安らぎ、夢、希望を求めて・・・。
フリーエリア
最新トラックバック
アクセス解析
お天気情報
バーコード

Copyright © 蛟竜、其の手を伸ばす All Rights Reserved.
Material & Template by Inori
忍者ブログ [PR]