忍者ブログ
言葉を音に!音を言葉に! 強い濁流で壊れてしまったピアノの中・・・ 俺が俺のままで俺の言葉を音に!
2017/10月

≪09月  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11月≫
[1149]  [1148]  [1147]  [1146]  [1145]  [1144]  [1143]  [1142]  [1141]  [1140]  [1139
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

萩市の松陰神社からほど近い道の駅「しーまーと」まで
と言う事で走ってくれたボランティアのおっちゃん。
自己紹介しながら「あ!」しーまーと通り過ぎ…
色々な観光地を案内してくれた。

椿の群生林見たい?と言い…脇道に入っていくおっちゃん。
大きな謂われがある池とか…どんな町だったのかとか
沢山教えてもらった☆

「お礼はもう良いからね。」

っておっちゃんから言われて何かホッとしたりしたよ。
おっちゃんも楽しんでるんだって思えて☆

萩市にある椿の群生林…。
毛利元就の時代に鬼門だからって放置されていた土地に
何故か広がった謎の森です。一面の椿の木が奇妙で
感動してました。おっちゃんも笑ってたね(笑)
展望台から見ると少しの隙間さえ無い…屋根みたいです。

そしてまた移動。かなりの距離走ってくれて…
今、奈古ってとこの道の駅です。
「道の駅発祥の地」らしい。
あまりに唐突な出逢いで光栄な観光地に感激しながら
おっちゃんにお礼を告げる。

するとおっちゃんは俺がテント張りやすいようにって
色んな場所を一緒に見てくれて…その付近の人に
許可を取ったりしてくれた。
誰かがそれをしてくれる事が本当に驚きで嬉しかった。
別れ際におっちゃんの顔が満足感に満ちてて
「山田くん絶対覚えておくからね」
って言ってくれたのがマジ感動的だったよ…。
みんなに書いてもらうノートに若武者って。
今の時代に最大級の期待を込めた言葉じゃないかと思い…
別れの車に頭を深く下げて感謝を伝えた。

今日は助けをいただき、ここで野宿します☆
ササモト家の皆さん、ボランティアのおっちゃんに繋がる
大きな優しさ…本当に感謝です。ありがとう!
そして明日に繋がる力強い手助け、
ボランティアのおっちゃんありがとう☆



PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人だけにコメントする。)
えぇなぁ
若武者
かっけぇ

出逢った人に
それぞれの想い
背負わされてるね
それこそ
苦行なり

まさにみんなの夢持って前進

重さがさぞ
心地よかろぅ
(b^-゜)

あんたじゃなきゃ
味わえん

素晴らしい
jump 2009/06/06(Sat)20:07:19 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
YOSHIAKI YAMADA
年齢:
34
性別:
男性
誕生日:
1983/09/01
職業:
シンガーソングライター、冒険家、俳優
趣味:
新しい居場所探し、冒険、掃除、映画鑑賞、音楽鑑賞、酒
自己紹介:
「自分の為に人の為」

その言葉を2009年の
弾き語りしながら無一文での人生をかけた
日本一周の旅の終点で心の中に見つけ、
その真意を人に伝えています。

歌で、それこそトークで、
笑いと涙をお届けしながら活動中☆

時に講演、時にダンサー、時にボイストレーナー
時にシンガーソングライター・・・
その実態は・・・(笑)

HPにてブログほぼ毎日更新中!
更にはオリジナルの楽曲が
無料で聴けます☆

中国に伝わる神、蛟竜は・・・
雲雨を得ると無敵の力を発揮するという。
ならば雲雨を得られぬ時はどうしているのだろうか?
きっと、その手を伸ばしているのではなかろうか。
現状から脱する為にその手を伸ばしているだろう。

蛟竜が無敵の力を得る為に足掻くように
僕等も足掻いているのかも知れないよ?
未だ見ぬ安らぎ、夢、希望を求めて・・・。
フリーエリア
最新トラックバック
アクセス解析
お天気情報
バーコード

Copyright © 蛟竜、其の手を伸ばす All Rights Reserved.
Material & Template by Inori
忍者ブログ [PR]