忍者ブログ
言葉を音に!音を言葉に! 強い濁流で壊れてしまったピアノの中・・・ 俺が俺のままで俺の言葉を音に!
2017/08月

≪07月  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  09月≫
[2027]  [2026]  [2025]  [2024]  [2023]  [2022]  [2021]  [2020]  [2019]  [2018]  [2017
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

千葉県の最南端「野島崎」のある白浜町を目指し歩き続け…
あまりの交通量のなさと峠具合にヒーヒー良いながら歩く。

マジ風呂入ってやっからなぁ!

そんな気合いで歩く歩く。

何個目かの峠を越えようとしてた辺り…一台の小さな小さな車が
俺の前を横切り…ドライバーさんから声をかけられた。

「どこ行くの?白浜まではいかないけど…」

とおっちゃん☆

「途中まででも全然良いんで!」

と必死な俺。こうして出会ったおっちゃん(ZENさん)との話から
事態は急展開を見せるのでした。

キッカケはZENさんの素朴な疑問から入った。
「ゴールが船橋なら逆じゃない?白浜には何で?」
そりゃそうだ(笑)突端が見たいとか良くわからんだろうし…。
ただどストレートに千葉の最南端が見たいと答え、
とりあえず今日は白浜で風呂に入って明日野島崎を目指すつもりだと言った。

すると…

「予算は?」とZENさん。
ん?風呂だけだし…500円ぐらいですかね…。
すると…残念がりながら突然。

「うち来るか?君から金取っても仕方ないし…。」

と…最初は良くわからず「え?良いんですか?」と聞いてたけど
何やら訳ありみたい…。
「君は何てラッキーなんだ!」
と不思議な一言が気になるままZENさんのお宅に行く☆

とりあえず写真を見て!驚いた。マジ開店直前の手作りの宿!

田舎暮らしの体験施設だって☆
その名も「ZENさんのふるさとラボ」
来て早々に色んな夢を聞かせてくれた☆
かっけぇ…とにかく自分らしい生き方よ☆これよこれ☆人間らしさ。

「山田だからやっちゃんね☆」

ZENさん…かっけぇ。日本中で誰もそうは呼ばなかったよ(笑)

五右衛門風呂を早速沸かさせていただいてます。

「モニター第一号だ!」

儲かんないなぁ…って残念がりながら笑ってる。ホント良い人だ。
さあ!田舎暮らし体験!地元千葉にこんな展開。
不思議…感激!



PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人だけにコメントする。)
ここ完璧繁盛するね
だって

一番客

あのお方よ

知らぬゎ…

要するに

無償

欲でも何でもないって事
jump 2009/11/09(Mon)22:51:13 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
YOSHIAKI YAMADA
年齢:
33
性別:
男性
誕生日:
1983/09/01
職業:
シンガーソングライター、冒険家、俳優
趣味:
新しい居場所探し、冒険、掃除、映画鑑賞、音楽鑑賞、酒
自己紹介:
「自分の為に人の為」

その言葉を2009年の
弾き語りしながら無一文での人生をかけた
日本一周の旅の終点で心の中に見つけ、
その真意を人に伝えています。

歌で、それこそトークで、
笑いと涙をお届けしながら活動中☆

時に講演、時にダンサー、時にボイストレーナー
時にシンガーソングライター・・・
その実態は・・・(笑)

HPにてブログほぼ毎日更新中!
更にはオリジナルの楽曲が
無料で聴けます☆

中国に伝わる神、蛟竜は・・・
雲雨を得ると無敵の力を発揮するという。
ならば雲雨を得られぬ時はどうしているのだろうか?
きっと、その手を伸ばしているのではなかろうか。
現状から脱する為にその手を伸ばしているだろう。

蛟竜が無敵の力を得る為に足掻くように
僕等も足掻いているのかも知れないよ?
未だ見ぬ安らぎ、夢、希望を求めて・・・。
フリーエリア
最新トラックバック
アクセス解析
お天気情報
バーコード

Copyright © 蛟竜、其の手を伸ばす All Rights Reserved.
Material & Template by Inori
忍者ブログ [PR]