忍者ブログ
言葉を音に!音を言葉に! 強い濁流で壊れてしまったピアノの中・・・ 俺が俺のままで俺の言葉を音に!
2017/11月

≪10月  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  12月≫
[2878]  [2873]  [2872]  [2871]  [2870]  [2869]  [2867]  [2866]  [2865]  [2864]  [2863
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

CIMG4277.jpg







ご飯をいただきながら考えたこと・・・。
これはきっと日本の今の政治家達みたいで
嫌だったことなんだけど・・・。
現地視察という名目で行き、現地でもてなしを受けるという事。
それはある意味じゃ現地の人達の首を絞める事になるんじゃないか?
例えば・・・このご飯を下で学んでた子供達は食べられるのか?
そう考えたら・・・なんだか食は進まなかった。

先進国における食糧事情と、途上国における食糧事情は
上手いこといかせようと思えば上手いこと行くものの気がするんだよね。
余ってる食事を途上国にあげればいい。

単純に物事は進まないんだけど・・・この場では出来るはず。

とりあえずそんな事を片言の英語で訴えてみたけど・・・
この時の僕の語学力では伝える事が出来なかった。
CIMG4278.jpg







しかし、現地の支援を受けている子供達の母親の
感謝を込めたもてなしを受けない理由はないんだよね。
この笑顔、この声、それは真実なんだもんね。
CIMG4279.jpg







「Are you Singer?」
僕に向かって沢山の人がそう尋ねてきたよ。
現地スタッフの方が僕に興味を示してくれた。
勿論僕も相当いろいろ話したりしてたからね。

後にある歓迎会の場で僕の歌を聴けるのを楽しみにしてるよ。

英語はわからないけど・・・
なんかそんなような事を言ってくれた気がした。
「オフコース!」
僕の英語はそんなもん(笑
CIMG4281.jpg







でも分かり合えちゃう不思議さはなんなんだろうか・・・。
この時の実感なんか後々の実感の序曲に過ぎないんだけどね。
一体感☆人間同士が分かり合えない訳がないんだよね。

そして再び移動する僕等・・・。さっきの子供達は既に
会場にいるそうで、会場に入って驚いたのはその人の数だった。
CIMG4282.jpg







小さな集落の金網に囲まれた体育館と呼ばれるところ。
バスケットゴールがあって立派なそこは
これがまた支援で作られたものなんだってさ☆
CIMG4283.jpg







大人も子供も国籍も問わず集まった沢山の人達☆
変わらない笑顔☆なんの制約もない笑顔☆
カメラひとつに大騒ぎの子供達、なんだろうか・・・。
日本じゃ考えられない自由な感情の表現がそこにはあった。
CIMG4286.jpg







神様へのお祈り的なダンスから始まった歓迎会☆
僕等は完全にVIP待遇である。

前文に書かせてもらったとおり、
支援への感謝の気持ちを表した笑顔、言葉に偽りはないのです。
だから後ろめたさよりも素直に受け取る事、
この時はもう僕は決めていた。

僕の感謝は僕で伝えれば良い!!!ってね。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人だけにコメントする。)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
YOSHIAKI YAMADA
年齢:
34
性別:
男性
誕生日:
1983/09/01
職業:
シンガーソングライター、冒険家、俳優
趣味:
新しい居場所探し、冒険、掃除、映画鑑賞、音楽鑑賞、酒
自己紹介:
「自分の為に人の為」

その言葉を2009年の
弾き語りしながら無一文での人生をかけた
日本一周の旅の終点で心の中に見つけ、
その真意を人に伝えています。

歌で、それこそトークで、
笑いと涙をお届けしながら活動中☆

時に講演、時にダンサー、時にボイストレーナー
時にシンガーソングライター・・・
その実態は・・・(笑)

HPにてブログほぼ毎日更新中!
更にはオリジナルの楽曲が
無料で聴けます☆

中国に伝わる神、蛟竜は・・・
雲雨を得ると無敵の力を発揮するという。
ならば雲雨を得られぬ時はどうしているのだろうか?
きっと、その手を伸ばしているのではなかろうか。
現状から脱する為にその手を伸ばしているだろう。

蛟竜が無敵の力を得る為に足掻くように
僕等も足掻いているのかも知れないよ?
未だ見ぬ安らぎ、夢、希望を求めて・・・。
フリーエリア
最新トラックバック
アクセス解析
お天気情報
バーコード

Copyright © 蛟竜、其の手を伸ばす All Rights Reserved.
Material & Template by Inori
忍者ブログ [PR]