忍者ブログ
言葉を音に!音を言葉に! 強い濁流で壊れてしまったピアノの中・・・ 俺が俺のままで俺の言葉を音に!
2017/08月

≪07月  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  09月≫
[1973]  [1972]  [1971]  [1970]  [1969]  [1968]  [1967]  [1966]  [1965]  [1964]  [1963
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

阿弥陀堂を見て駐車場で涼子ちゃんと記念写真。
すげー嬉しかったよ。ホント上手く言えないけど有り難くて☆

車を走らせ、涼子ちゃんが乗りたい特急が来る泉駅へ☆
すぐ列車が来るって言うんで慌てて車を降りて行ったけど…本人スタスタ
ゆっくり歩いてるし、俺もそんな感じ、慌てずとも確かに間に合った(笑)

改札前で固く握手を交わし別れが来た。
また!と言ってくれる涼子ちゃん☆間違いなく「また」だよ。
絶対に。小さな言葉なのにホント嬉しかったのを覚えてる。

ホームから去っていく電車までしっかり見送り別れた。

妙に気の抜けた感じがした。
旅もこの辺まで来て自分のわからん感覚にも出会っている。
当たり前だけどね。

美空ひばりの「みだれ髪」で有名な塩屋崎に行かないか?と
遠藤のおっちゃんに誘われ、それは是非!と連れて行ってもらった。

車で小一時間。キレイな海の景色を見ながらたどり着いたのは
真っ白な灯台を見上げる絶壁の真下。
石碑があり、みだれ髪が流れ続けている。
観光客になりながらパシャパシャとカメラを握りしめる。
灯台に向かって伸びるワクワクするような階段をズァーッと登って行く。
おっちゃんやおばちゃんみんながズイズイ一生懸命登ってくる姿を見ながら
俺も俺でホイホイ登っていく。

高い丘の上にある高い灯台。中に入ると螺旋階段で灯台から突き出した
見張り台的なとこにでる。水平線に感激してたあの頃…
漠然と大きな大地や海は大きなものでしかなく…
今すぐ日本一周を終えれそうなとこまで来た今は、何か身近な感覚がした。
千葉県はあっちか…
そう陸と海の間を見ながら何か泣けた。帰りに資料館があり
母さんと日本地図を見て足跡を辿った。なんだったんじゃろ…。
旅は長くも短かったような…しんどくも…楽しい…
ジェットコースターのようだった。
ジーンとし、色々考えながら塩屋崎を後にした。

帰りの土産物屋で母さんが買ってくれた携帯ストラップ。
心が嬉しい。



PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人だけにコメントする。)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
YOSHIAKI YAMADA
年齢:
33
性別:
男性
誕生日:
1983/09/01
職業:
シンガーソングライター、冒険家、俳優
趣味:
新しい居場所探し、冒険、掃除、映画鑑賞、音楽鑑賞、酒
自己紹介:
「自分の為に人の為」

その言葉を2009年の
弾き語りしながら無一文での人生をかけた
日本一周の旅の終点で心の中に見つけ、
その真意を人に伝えています。

歌で、それこそトークで、
笑いと涙をお届けしながら活動中☆

時に講演、時にダンサー、時にボイストレーナー
時にシンガーソングライター・・・
その実態は・・・(笑)

HPにてブログほぼ毎日更新中!
更にはオリジナルの楽曲が
無料で聴けます☆

中国に伝わる神、蛟竜は・・・
雲雨を得ると無敵の力を発揮するという。
ならば雲雨を得られぬ時はどうしているのだろうか?
きっと、その手を伸ばしているのではなかろうか。
現状から脱する為にその手を伸ばしているだろう。

蛟竜が無敵の力を得る為に足掻くように
僕等も足掻いているのかも知れないよ?
未だ見ぬ安らぎ、夢、希望を求めて・・・。
フリーエリア
最新トラックバック
アクセス解析
お天気情報
バーコード

Copyright © 蛟竜、其の手を伸ばす All Rights Reserved.
Material & Template by Inori
忍者ブログ [PR]