忍者ブログ
言葉を音に!音を言葉に! 強い濁流で壊れてしまったピアノの中・・・ 俺が俺のままで俺の言葉を音に!
2017/08月

≪07月  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  09月≫
[1353]  [1352]  [1351]  [1350]  [1349]  [1348]  [1347]  [1346]  [1345]  [1344]  [1343
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

レース会場で走りまくり…心さんの家に帰宅☆
その後、愛犬の「ベイ君」の散歩ついでにって
姫川の源流に連れて行ってもらった☆
軽トラに乗り換えて後ろにベイ君載っけてさ☆

しかし…すげぇな!
山から川が生まれるってのは正にこういう事よな。
めちゃくちゃ綺麗な湧き水がどこからともなく流れてて
ホントに地球の有り難さを感じる。
山を切り崩し、川を隔て、海を汚してきた俺達は
これを絶対見なきゃ、感じなきゃいかんと思うよ。
誰が見たってきれいな景色☆
それは人工物ではないんだ!

さて…ベイ君を家に☆
そしてふとした会話から陸亀が好きって共通点を見つけ
愛亀を見せてもらったりして☆めっちゃ仲良しになれたね。
ホントに嬉しかったし、明日出発予定だから
最後の最後まで白馬の思い出沢山出来たよ☆
ありがとうございました!
また明日挨拶にいきますからね☆
あと…今後ともよろしく☆お互いが老け込みまくるまで(笑)

さて…帰宅☆

ただいま~☆が板についてる☆
当たり前のやりとり…でも当たり前じゃないんだよね。
当たり前が嬉しくて、当たり前が幸せ。

頼りの無い旅だからこそ、強く感じるよ。
当たり前に感謝出来るまま今後の人生を送りたいもんだ。

さあ!ラジオ生放送まで後一時間☆
福岡の皆さんにベルハートの事話すんだ(笑)



PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人だけにコメントする。)
姫川源流
源流
何度か、うちの子連れて通ったよ
うちの子が小学生の頃に自由研究でさ('∇'*)
超、素敵な場所よね(*^^*)


ラジオ聞けないのが残念…


明日で『ベルハート』とも、白馬で知り合った多くの皆さんとも、暫しの別れなのね…
きっとお母さん泣いちゃうね。
Ree 2009/07/12(Sun)21:45:52 編集
ん…
また最もつらい時間が近づいてきたね
毎回ながらキツい

時間経た分余計にね

十分分かった上での旅の続きやからねしょうがない

でも別れじゃない
出発やから
みんな気持ちよくね

味わったものにしかわからんけど
未来があるから


かぁさん

陰ながら応援するそれだけ
jump 2009/07/13(Mon)05:00:47 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
YOSHIAKI YAMADA
年齢:
33
性別:
男性
誕生日:
1983/09/01
職業:
シンガーソングライター、冒険家、俳優
趣味:
新しい居場所探し、冒険、掃除、映画鑑賞、音楽鑑賞、酒
自己紹介:
「自分の為に人の為」

その言葉を2009年の
弾き語りしながら無一文での人生をかけた
日本一周の旅の終点で心の中に見つけ、
その真意を人に伝えています。

歌で、それこそトークで、
笑いと涙をお届けしながら活動中☆

時に講演、時にダンサー、時にボイストレーナー
時にシンガーソングライター・・・
その実態は・・・(笑)

HPにてブログほぼ毎日更新中!
更にはオリジナルの楽曲が
無料で聴けます☆

中国に伝わる神、蛟竜は・・・
雲雨を得ると無敵の力を発揮するという。
ならば雲雨を得られぬ時はどうしているのだろうか?
きっと、その手を伸ばしているのではなかろうか。
現状から脱する為にその手を伸ばしているだろう。

蛟竜が無敵の力を得る為に足掻くように
僕等も足掻いているのかも知れないよ?
未だ見ぬ安らぎ、夢、希望を求めて・・・。
フリーエリア
最新トラックバック
アクセス解析
お天気情報
バーコード

Copyright © 蛟竜、其の手を伸ばす All Rights Reserved.
Material & Template by Inori
忍者ブログ [PR]